2007年05月04日

高血圧の症状をチェックする

スポンサード リンク

高血圧症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
頭痛、めまい、耳鳴りなど、高血圧でなくとも出てくる症状から、から脳内出血、脳梗塞など命に関わる症状まで様々です。

もちろん最初は軽い症状から出ることがほとんどです。それだけに、自分が高血圧になっていることを知らない人が多いのも事実です。初期の高血圧症状はわかりにくく、自覚症状が少ないないのも特徴の一つです。

高血圧症状「頭痛」
 高血圧症状としての頭痛は、次の3つに分かれます。
 一つは、心理的な頭痛です。これは高血圧の初期に多く、自分が高血圧であることを自覚しているが故の症状のようです。後頭部や痛みの箇所がはっきりしないのがこの症状の特徴です。
 次にひどい高血圧の際の頭痛です。この症状は、朝や夕方に前頭部や後頭部の痛み、吐き気を伴うこともあります。
 また、心理的な同様が激しい人、血圧の高低が激しい人の場合は、欠陥の拡張、緊張に伴う頭痛の症状が出ることがあります。

高血圧症状「鼻血」
 高血圧は血が欠陥を押す力が強いため、多少鼻血が出やすくなると思われます。ただし、高血圧によく起こる症状とまでは言わないようです。
 しかしながら、高血圧が原因で鼻血が出たとしたら、かなり危険な状態と背中合わせであると言えます。
 それは、鼻に限らず血管が体内のどこでも破ける可能性があると言えるからです。
 もしも高血圧が原因と考えられる鼻血であれば、安静にしつつ病院に駆けつける必要があるでしょう。

高血圧症状「耳鳴り」
 高血圧症状と耳鳴りについて直接の事例は見あたらないようですが、降圧剤服用による耳鳴りはあるようです。
高血圧を抑える降圧剤服用により、細動脈が拡張し、脳への血流量が増加したり脳動脈の脈圧の上昇により耳鳴りが起こるというものです。高血圧の程度が軽症の場合でも、中枢神経系にある程度の動脈硬化があり、このような副作用の症状が現れるようです。


高血圧症状「めまい」
 高血圧症状とめまいについては、高血圧による動脈硬化による症状高血圧の薬の服用による症状があります。
そもそもめまいは脳への血流が多くなる、少なくなるなどの変化により起こります。動脈硬化にしても、高血圧の薬にしても、血流が変化するためめまいの症状が起こります。

スポンサード リンク
高血圧症状「肩こり」
 高血圧の人に最も多く現れる症状に肩こりがあります。
高血圧は精神的な原因でなることも多いのですが、抹消血管の抵抗が高いことで血流が悪くなり、肩こりの症状を引きおこすようです。


高血圧症状は自覚症状が少ないと言われていますが、症状を放置すると高血圧が進行し、脳内出血、脳梗塞、動脈硬化、心筋梗塞など、深刻な合併症を引きおこします。
 定期的に健康診断を実施するとともに、高血圧症状をチェックし、早めの対策が必要です。

ラベル:高血圧 症状
posted by 高血圧 症状 at 02:33| 高血圧 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。